TEL:0744-46-9667
月・火・木・金・土 9:30~19:30
※土曜日は活動中で不在の場合がございます。
本社 〒635-0104 奈良県高市郡高取町上子島 50番地
事務所 〒634-0835 奈良県橿原市東坊城町215-105

代表者挨拶

代表者挨拶

仕事に夢と執念をもとう 株式会社木村エンタープライズ 代表取締役社長 志学館ゼミナール・志学館予備校 元塾長 現KEC志学館ゼミナール 相談役 木村 正泰

仕事に夢と執念と良い意味で野心をもとう
株式会社木村エンタープライズ 代表取締役社長
志学館ゼミナール・志学館予備校 元塾長
現KEC志学館ゼミナール 相談役
木村 正泰

中小企業の後継者が少ないことは、国家の重大な損失

中小企業の後継者が少ないことは、国家の重大な損失です!
労働人口の70%が中小企業に勤務しているにもかかわらず、中小企業の後継者が年々育ちにくい環境になりつつあります。その中にあって、後継者の育成という新しい業態を創造し、日本の中小企業を根本から支えんとする事業です。即ちこれから起こって来るであろう大廃業時代に対処する企業を目指します。

親子鷹

親子鷹は、親子揃ってその道に優れていることの象徴であり木村エンタープライズの後継者育成事業のシンボルでもあります。最近では政治家、スポーツ選手、芸能人等で脚光を浴びる親子も多くいます。鷹は鷹として育てていかなければなりません。
36年間、進学塾を経営し、多くのエリートを作り
続けてきた経験と実績のある私たちにぜひおまかせください。

代表経歴

1962年(昭和37年) 高3奈良県統一模擬テストで数学奈良県1位
1963年(昭和38年) 防衛大入学
1964年(昭和39年) 剣岳~槍ヶ岳7日間の縦走
1966年(昭和41年) 剣岳チンネ中央チムニー登攀(リーダーとトップ担当)
谷川岳一ノ倉沢エボシ南陵登攀(リーダーとトップ担当)
1967年(昭和42年) 防衛大卒
1968年(昭和43年) ランチェスターの2次式の解明
戦車小隊長任官
1970年(昭和45年) 冬の富士山単独登頂(2月)
1971年(昭和46年) 戦車大隊連絡幹部
戦車砲弾の避弾装置提案の論文を富士学校記事に発表
1972年(昭和47年) 陸上自衛隊退官
1973年(昭和48年) 中尾組入社 現場員
1980年(昭和55年) 中尾組退社
1980年(昭和55年) 学習塾橿原英数教室開設
1985年(昭和60年) 木村式[算数・数学]4段階指導方式を開発
1988年(昭和63年) 木村式[算数・数学]4段階指導ノートを考案
1998年(平成10年) 塾名を志学館に改名
畝傍高校・東大寺中、高・東大・京大・阪大・医大(医学科)その他有名校に多数の合格者を輩出
1999年(平成11年) 志学館の子会社として有限会社木村発足
2002年(平成14年) 奈良県中小企業家同友会 代表理事(当時)辻本勝次氏より、人材を作るには「松下村塾」を参考にするよう強い教示を受ける
2006年(平成18年) 塾生数1800名を超える
2007年(平成18年) 大阪市大以上の有名大学に50名合格
2009年(平成21年) 京セラ式アメーバー経営導入
2015年(平成27年) カーブス事業開始
2016年(平成28年) 塾長引退 相談役となる
2016年(平成28年) 8/12 槍ヶ岳の小槍で野外体験としてアルプス一万尺のアルペン踊りをする
2016年(平成28年) 有限会社木村を株式会社木村エンタープライズに社名変更
中小企業の大廃業時代に対処するためSAUDOシステムの開発

自ら困難に立ち向かう社長~小槍登攀~

投稿日:2018年12月22日 更新日:

Copyright© 株式会社木村エンタープライズ , 2019 All Rights Reserved.