TEL:0744-46-9667
月・火・木・金・土 9:30~19:30
※土曜日は活動中で不在の場合がございます。
本社 〒635-0104 奈良県高市郡高取町上子島 50番地
事務所 〒634-0835 奈良県橿原市東坊城町215-105

後継者育成事業

後継者育成事業

中小企業の後継者育成 -親子塾‐

SAKUDO

今考えておきたい次の次のこと

日本の労働人口の約70%が中小企業に勤務しているにもかかわらず、中小企業の後継者が育ちにくい環境が急激に進んでいます。
少子高齢化が加速する今、目の前の事業承継だけではなく、その次の後継者を育てなかったことが問題です。会社の将来を見据えた後継者の育成は経営者ファミリーで考えるべき課題です。

小学生はゴールデンエイジ

志を学び、 後世に伝えること。

志を学び、 後世に伝えること。

子どもは後継者としてやれるかどうかは小学生の時の育て方が決定的に左右します。

小学生時代から父母や祖父母が3代で一体となって行う「熱意と行動力」を養成するための実行動を伴う実習と、「使命感と志」を養いかつ会社経営の実例を紹介するための経営者育成も目指します。

 

 

日本で最初の後継者育成親子塾「SAKUDO」
これまでにない画期的プログラムで中小企業の後継者を育成します!

あらゆる分野で必要なリーダーシップ

SAKUDO

SAKUDOでは、学校でも学習塾でも教わらない、スポーツクラブなどのほかのサークルでも「経営」とリンクした形で学ばないことを経営者親子限定で学ぶのでお子様が将来どの道に進まれても役に立ちます。

名前に込めた思い
SAKUDOには、「お子様(童)の将来が開花する(咲く)ための道を作る」という思いが込められています。

 

3つの特徴

  1. 経営者とそのお子様限定です。
  2. お子様が小学校低学年の段階からスタートします。
  3. 「6つの学び」を軸にしたプログラムで、リーダーに必要な力と心を育てます。

7つのお約束

1. 気づく力を育てます。
2. 考える力を育てます。
3. 決断する力を育てます。
4. 実行する力を育てます。
5. あきらめない心を育てます。
6. 受け入れる心を育てます。
7. 周囲に気を配る心を育てます。

お勧めする5 つの理由

1. 経営は最高に楽しいことを親子で学べます。
2. 家業の偉大さを知る機会になります。
3. 承継に成功した経営者から直接話が聞けます。
4. 経営者のお子様同士のご縁が生まれます。
5. 経営者である保護者同土のご縁が生まれます。

SAKUDOの5大資質

SAKUDOの5大資質

01 自社体験

~わが社のファミリ―ヒストリーから学び使命感を養成!~

自社体験自社の社史としてのDVDを作り、初代から現在までの成功物語と苦労物語を共有し社員を守り、会社を守り、地域を守るという崇高なまでの志や使命感を親子で確認します。(お子様が聞き取りし、プレゼンしたものをDVDにします。)

“知らなかった。うちの仕事って意外とすごい!” “社長って面白い!”
自社の歩みや現在の事業展開をまとめた動画社史を子どもたち自身が作成することで、子どもたちは自社の存在価値や社会的意義を学べます。
また、利害関係者(ステークホルダー)との関係性も知ることができ、「三方よし」の精神を知らず知らずのうちに身に付けることができます。

02 自家体験

~我が家からの学び使命感、誰にも負けない努力、人望を養成!~

自家体験我が家の子育てルールを各家庭で確立し、将来の人材に育てるためには何が必要であるかを教育者・森信三氏の著作や何代も続いた老舗の子育て法等を参考として考えると共に、それをしつけ教育として実践します。

幼くても事業家の立派な一員です。
家憲をまとめたり先祖について教わったりすることは、子どもたちにとって「家」について学ぶ貴重な機会となります。また、創業の努力や苦労、そして承継後の成功と失敗を知ることは、事業家の「家の子」としての理解を促し、事業家の一員としての誇りと責任感を醸成するのにとても有効です。ご自宅での「しつけ教育」との相乗効果も期待できます。

03 承継体験

~大先輩からの学びで5大資質を~

承継体験現在、承継して大変活躍されている中小企業の会長や社長にインタビューして、承継成功の秘訣や事業承継のポイントを映像に収めさせていただいております。それを家族で共有し、自社の在り方や今後の方向性、承継されるご子息・ご息女のパワー承継(自社を飛躍的に伸ばす承継)までの流れを自然に進められるようにします。そして自身の会社に関して家族で真剣に話し合う場を提供します。この場を生み出す事そのものが承継体験の価値でもあります。

リアルでわくわくする話を生きたお手本から。
成功されている経営者(承継者)から子どもたちへのビデオメッセージは、先輩からの生きたアドバイスといえます。このメッセージをもとに意見交換することは、子どもたちが承継を身近なものとして捉えるのに役立ちます。また、ビジネスのおもしろみや経営のすばらしさを学ぶ機会としても有用です。

その① 後継者がすごいと、その会社がすごいことになる

例1 任天堂株式会社

(家庭用レジャー機器の製造・販売)

…最初は、トランプなどのカードゲームを作る京都の小企業にすぎなかった任天堂。それを三代目山内溥氏が受け継いで、今日の姿にまで進化させたのです。1980年代に誕生した「ファミコン」以降、今日に至るまで家庭用ゲーム機のパイオニアとして、爆発的な発展を遂げました。

例2 ヤマト運輸株式会社

(宅急便など各種輸送に関わる事業)

…二代目小倉昌男氏が衰退しつつあった父の運送事業を引き継ぎ、「個人宅配」で大成功しました。「クロネコヤマトの宅急便」でおなじみですね。今ではお客を一部断らなければならないほどの盛況ぶりを実

その② 地方の有力企業の例

例1 徳武産業株式会社 十河孝男会長

(ケアシューズ・ルームシューズ・旅行用スリッパ等の企画・製造・販売)

今回インタビューに応じてくださったのは、徳武産業株式会社(香川)の二代目社長にして、現会長の十河孝男さん。1947年生まれの十河さんは、高校卒業後に香川相互銀行(現香川銀行)に入行。縫製メーカーを経て、84年に義父が経営する徳武産業に入社します。その後急逝してしまった義父の跡を継いで、二代目社長に就任。正に命がけの事業継承を受けた十河さんは、そこから悪戦苦闘の日々を経て、介護用シューズの分野で全国トップシェアを誇るまで会社を育て上げられました。そして、現在は3代目の西尾社長へとバトンタッチをされています。そんな十河さんの類まれなる経営道と事業承継法を取材してきました。

04 歴史体験

~歴史からの学びで5大資質を~

歴史体験私たちが歴史と呼ぶその世界には、とてつもなく大きな勇気と知恵と努力によってその時代を切り開いた数々の偉大な人物が登場しました。彼らはさまざまな境遇から身を起こし、ある人は夢を叶え、またある人は敗れ去りました。彼らがどのように育ち、どのように承継し、何を目指したのか。SAKUDOでは歴史上の英雄の育て方や桁はずれに大きな決断力・行動力を学び、帝王学も学習します。必要に応じて現地にも赴きます。歴史は先の見えない時代を生きる私たちにとって行く手を示す羅針盤となるはずです。

偉人も悩んだ。でも、夢を追って乗り越えた。
歴史上の英雄や指導者の育て方や承継・決断カ・行動力を学びます。また、時にはゆかりの地も訪ねます。
この体験は、子どもたちの想像力を豊かにするとともに、リーダージップの大切さを気づかせる効果が期待でき、この学びを繰り返すことで、自身におけるリーダー像が次第に鮮明になっていきます。

■ その① 全国・史跡探訪

■ 上田城 (長野県上田市)

真田家の作戦の城。※敵の徳川家に作らせて、築城されたらその城を使って、大大名の徳川家と二度も戦い、勝利しました。

■ 松下村塾 (山口県萩市)

血族でない人たち(元塾生)が、4代に亘り連携しながら近代日本を作り、やがて世界の一等国にまで育て上げました。松下村塾は

その人々の偉大なアトミックパワー(原子力)の発火点となったのです。

05 野外体験

~自然からの学びで誰にも負けない努力、決断力、アイデア、リーダーシップを~

野外体験小学一年生ぐらいの子どもも多く登っている富士山レベルの登山や川中ハイキング、キャンプ、里山体験等の常識を超える体験は非常に価値ある想定外訓練になります。さらに自然の原理も知ることができる上、経営者としての親子の絆力や同期間の仲間意識も身につきます。経営には「覚悟」が必要です。だから、この野外体験は“ヘェーそこまでやるのか!”と思ってもらいながら参加していただけるレベルをめざします。子どもにとっても大変おもしろく興味のもてるものです。

この達成感は、きっと将来の成長の糧に。
経営は判断の連続です。その判断力を鍛えるのに、登山は極めて適したトレーニングといえます。道中でのさまざま決断は想定外対処の訓練そのもの。
当塾では、スリルのある川中ハイキングや里山体験、キャンプも実施して、経営者としての親子の絆力や仲間意識、辛抱強さを身につける機会とします。

例1 川中ハイキング(カッパ強歩)~飛び降り~里山活動

会社経営者には、何といっても強じんな精神力が不可欠であることが、幸之助氏や和夫氏の巻頭文からも確信できます。この精神力さえあれば、知識の必要な時には勉強にかかれるし、協力者を得ようと思えばそれを求めることもできるでしょう。またアイデアが必要な時には、アイデアをひねりだせるものです。

だから、強じんな精神力は全てのことの原点または出発点となっているのです!そんな精神力を養うための野外体験。

06 同期の会社体験

~毎月1回一泊の合宿で同じ釜の飯を食べた人達からの学び~

同期の会社体験相互会社訪問を起点として保護者を含む同期生会の運営により後継者同士が生涯の友となれるようにします。また、同会は保護者も経営者同士として情報交換や相談ができる会とします。

親子で“こんにちは、お邪魔します“。
同期生の相互会社訪問は、他社の創意工夫を学ぶ場であり、自社の本当の強みに気づかせてもらえる場です。
お父様・お母様にとっては自社に生かせるヒントを得る機会でもあります。当塾は、この相互会社訪問を起点に保護者を含めた同期生会を運営し、在塾中・卒塾後を問わず互いに切磋琢磨しあえるようサポートします。

 

このサービスの主眼~大廃業時代に対処する事業

親子3代で共有する、将来の自社について、大きく夢を描くことをサポートします。

世間は困ったことだらけです。だからその困ったことを大きく解決することが偉大な仕事になります。またどこの会社も困ったことがあるはずです。そして自社の困ったことを放置すれば会社は行き詰ります。逆に皆で協力して解決すればそれは会社にとっても皆にとっても夢の宝物となるはずです。「一代一業」などがそれです。この宝物を作るのがその家に生きる父母と子供達の夢であるはずです。嬉しい事にそしてラッキーな事にこの偉大な夢に向かって挑戦できるステージに立っているのが事業家の子供です。そして優秀な父または母の事業に対するDNAを貰っている可能性も高いのです。これを自分の人生に生かさないという手はありません。しかも一般の人達の職業教育は社会人になってからですがこのSAKUDOでは芸能人やスポーツマンと同じように経営に必要な記憶力、思考力、身体能力等が一番伸びる小学生の時を生かすものなのです。そして三方良しの考えの元、良い意味での「野心」を持って自分の住む殻を一段と大きなものにするものです。

詳しくはSAKUDO公式サイトをご覧ください。

SAKUDO

投稿日:2018年12月22日 更新日:

Copyright© 株式会社木村エンタープライズ , 2019 All Rights Reserved.